So-net無料ブログ作成
家を建てるにあたって ブログトップ

木はそれ自身が断熱性のある建材です。 [家を建てるにあたって]

ちょっと前によくやっていたコマーシャルで
「外断熱」をすごく強調している住宅メーカーが
ありました。
これから建てる家は「外断熱」であるべきだというような
イメージを持った人も多いかと思います。

結論から先に書くと、
在来の木軸工法で建築する住宅は
「外断熱」の必用はありません。
構造材の間に断熱材を入れれば、今時な「高断熱」の家ができます。

では外断熱にした方がいい家は???
主に鉄骨を構造材とする家やコンクリートの家などです。

「外断熱」ってあのコマーシャルではあたかも新しい工法のように
表現されていましたが、建築方法としては、特別新しい工法ではないのです。
個人住宅に使われるようになったのが最近だというだけです。

なぜ、在来の木軸工法では必要がなく、鉄骨やコンクリートの家などでは
外断熱が推奨されるのか?
それは、在来の木軸工法では柱など木材を構造材としているのですが
木はそれ自体が断熱性のある素材なので、柱があつくなりすぎて、
室内まで暑くなるということが、日本では起きないのです。
また、寒さに対しても、木材が冷えすぎるというような状況は
日本ではあまりおこりません。

ところが、鉄は熱しやすく冷めやすい素材です。
炎天下ではものすごく熱くなります。寒いところでは、よく冷えて
冷たくなります。なので、断熱材を構造材の外側にしないと
家の温度が上がり過ぎたり、下がり過ぎたりするのです。

また、コンクリートは蓄熱性の高い素材です。
太陽の光を浴びて徐々に熱を蓄え、いったん熱くなると
日が沈んで夜になっても、なかなか冷めません。
逆にいったん冷えきると、温まるのも時間がかかります。

ちょっと想像してみてください。
木、鉄、コンクリート3種類のベンチが並んでいたら
どれに座るでしょう?
真夏の炎天下や真冬に、公園で鉄製やコンクリート製のベンチに
座ろうと思うでしょうか?
特に悩むこともなく木のベンチに座ると思います。

木は炎天下でも座れないほど熱くなったり、
真冬でも冷たくなったりしないということを
自然と感覚で知っているからだと思います。

どんな材料で、どのように家を造るか、
積極的に勉強すると、いろいろ面白いです[わーい(嬉しい顔)]

鍋敷きが木なのも納得です。

鉄骨やコンクリートにも、もちろん優れた部分たくさんあります。
どんな家を造りどのように暮らしたいか、よく考えて
必要なことは勉強するというのも楽しいと思います。

最初の頃書いたブログで「はじめに」で紹介した
右上に写っている本はとても参考になりました。
大きな書店には本当にいろいろな「住宅に関する本」があります。
建築の専門書もあります。これから住宅購入を考えようという方は
是非、納得がいくまで積極的に勉強してみてください。


nice!(3) 

どんな暮らしをしたいかを考え、伝えることの大切さ [家を建てるにあたって]

家を建てるって、本当に大変だなぁ。
でもすっごく楽しい☆☆☆

現在の感想です[わーい(嬉しい顔)]

わたしは住宅メーカーの社員ではないですが
今回の家作りで感じてきたことを少し書いてみます。
わたしの個人的なコメントなので、下記に書いたことが
正しいとか間違ってるとか言った議論をするつもりはないです。ご了承ください。

家を建てるということは、『どんな暮らしをしていきたいか』を
家族で真剣に考えそれを、住宅会社の営業さん、
設計士さんに正しく理解してもらうことから
始まるんだと、わたしは思いました。

『どんな暮らしをしていきたいか』
人それぞれ、家族それぞれ、いろいろだと思います。

ずーっと賃貸マンションに暮らして数年ごとに住み替えたい人
住むところにこだわりはなく、旅行を満喫したい人
ホームパーティーを楽しみたい人
ホームシアターを楽しみたい人
両親と住む予定の人
夫婦二人だけで住む人
家族が増える予定の人
家でちょっとしたお店を開きたい人

などなど、本当にそれぞれだと思います。
もちろん、もっと具体的に

「どんな家で暮らしたいか」
広い和室が欲しい
無垢材を使った広いリビング
平屋
家族みんなで料理できる広いキッチン
などなど

忘れちゃいけない長期間の家計計画
新居の予算
住宅ローン
マイカー購入予定
子供の養育資金
老後の準備
リフォーム
などなど

そして、営業さん、設計士さんに正しく
それらを理解してもらうように自分たちの想いや
考えを正しく伝える努力を惜しまないことが
とても大切だと思います。


営業さん、設計士さんとより良い関係を築いていけるよう
自分たちから積極的に連絡を取ることも重要だと思います。
受け身の姿勢ではなく、主役は自分たちだという気持ちで☆

分からないことは質問する。
自分の希望を100%かなえることがベストだとは限らないので、
営業さんや設計士さんなどプロの意見を積極的に聞き
自分たちでも本やインターネットなどから
情報を仕入れて、積極的に勉強する

納得いくまで、一生懸命話し合う。

注文住宅の設計などは、とてもエネルギーのいることですが
営業さん、設計士さんと良好な関係を築き
ああでもない、こうでもないとあれこれ一緒に考えて
少しずつ設計図や仕様を決めていくのは
とても楽しいことだと思います。

安全・健康で穏やかな暮らしができますよーに


nice!(3) 

住友林業の家です。 [家を建てるにあたって]


木の家に住みたい[家]

夫婦でそう思っていました。

SN3E0235_0001_0002_0001_0001.JPG

わたしは10歳まで父の会社の社宅に住んでいました。
鉄筋コンクリートのアパートでした。
結露して大変だったこと、よく覚えています。
カビ対策、母はさぞかし大変だったと思います。
ピアノも傷んでしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]
その後木造住宅に引っ越しました[わーい(嬉しい顔)]木の家は落ち着きます。

いまは夫の会社の社宅に住んでいます。
ちょうど私が子供の頃住んでいた社宅とよく似ていて
(建築時期がだいたい同じらしいです)
ある意味落ち着くのですが、コンクリートの蓄熱性はすばらしく
4階角部屋の私たちのエリアは、真夏は猛烈に暑く、
冷めきらないまま朝陽を浴び始め、熱を蓄え続けています。
冬は梅雨以上にジメジメして除湿器フル回転な毎日です。

やっぱり、この地に適しているのは国産材を使った木の家だろう。

国土の7割を占める森林を資源として活かしてきた日本。
それを再び活性化させることが、地球の温暖化抑制に繋がります。

日本の1次産業→農林水産業を元気にしよう!

元気な森林は元気な川、元気な田畑、
元気な海に繋がっています。
元気な生命の営みは、持続的な循環型社会から

未来の地球の住民に、よりよい環境を
引き継いでいけますように☆

 

nice!(0) 

家を建てる際勉強するための本 [家を建てるにあたって]


家を建てたことなんてもちろんないので
初めてのことで分からないことだらけです(^^;)
これらの本、とても参考になります。

SN3E0211.JPG

外構プランはこれからです♪
だいぶ前に買って眠っていた本ですが、
そろそろ予習しとこう☆


地鎮祭と地縄張り [家を建てるにあたって]


2008年10月25日
みんなで地鎮祭と地縄張りをしました。

安全に家が建ち、幸せに暮らせますように☆☆☆

19FEC8B7-C563-43AA-B654-E9632B330302.jpeg



ウィンドーショッピングに行くように♪ [家を建てるにあたって]

いまは夫の会社の社宅に住んでいます。
いずれは、その社宅から出て行かなければ行けないということで
ぼんやりと、家を建てるってどんななんだろう?と二人とも思っていました。
夫が長男なので、夫の両親との二世帯にする?なんて話もちらほらあり。。。
2世帯住宅ってどんなの???ちょっと見に行ってみようか☆なんて
軽いノリでモデルハウスを見に行くことにしました。

2008年5月のある日、ウィンドーショッピングに行くような感覚で
二人で住宅展示場に立ち寄ったことから、マイホームプランがスタートしました♪



ねずみ&うさぎの発電所作りの記録 [家を建てるにあたって]

マイホームの記録だよ。
家を建てるにあたって ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。